WAREHOUSE JAPAN

WAREHOUSE JAPAN
about WAREHOUSE JAPAN

ウェアハウス・ジャパンは、日本各地の小さなそして実力のある蔵元と協力して、お酒造りを進めています。
もちろん新酒で美味しいもの。さらに5年10年の年月を経ても美味しい日本酒をつくりたい。
ウェアハウス・ジャパンは長期保存に耐える日本酒の開発と販売を目的とした会社です。
ヴィンテージのある日本酒は未だ評価の基準がありません。
日本酒ファンの皆様と、蔵元さん、そして私たちでが作っていく、新しいお酒の楽しみ方へのチャレンジです。
日本全国の様々な蔵のお酒を楽しんでいただくため、ラベルのデザインを共通にしています。
ラベルの番号は、県番号2桁、蔵番号2桁、スペック番号3桁で構成されています。
コレクションは毎年増えていく予定です。

当社の特長

・ヴィンテージ

仕込みの確かな日本酒は保存にもよく耐え、「味が乗る」ことは昔からよく知られています。
私たちは、お酒のフレッシュな魅力と、熟成による味わいの変化のいずれも体験していただくため、仕込んだお酒を一定量保管することにいたしました。
日本酒の味はさまざまです。気に入ったお酒を長く楽しんでいただけるよう、日本酒のヴィンテージにチャレンジします。

・ハウススタイル

当社では、杜氏に「売れる酒」を要求するのではなく、「作りたい酒」「保全していきたい酒」「昔ながらの造りの酒」を仕込むようお願いしています。
長い伝統を誇る酒造りに敬意を払い、さらに未来に繋げるための仕事をしたいと思っています。

・テロワール

ワインやお茶などの地域的特性をテロワールと言います。
日本酒も蔵の近くに育つ米を使い、蔵の近くに湧く水で醸されてきたものです。
また、土地柄によってお酒の好みに違いがあることも、地域的な特長と言えるのではないでしょうか。
ラベルにデザインされた県番号はそんなテロワールを感じていただくための配慮でもあります。

2017年リーフレット 日本語 (pdf:792KB)
2017年カタログ 日本語 (pdf:3.4MB) (pdf)



Warehouse Japan continues to make the finest Japanese sake by working with small but high quality breweries. It goes without saying that we strive to make only the most delicious ‘shinshu’ (new sake). Additionally, we pride ourselves on our tasty 5 and 10 year brews. As a company, Warehouse Japan primarily deals with the development and selling of Japanese sake that withstands long periods of preservation.
Even now, there is no standard for quality regarding vintage Japanese sake. The bar is constantly being raised by fans of Japanese sake, the breweries, and Warehouse Japan.
We always use the same label on the bottle in order for everyone to enjoy the sake from a variety of different breweries.
The label number is made up of 2 lines for the prefecture, 2 lines for the brewery, and 3 lines for the specification number.
We plan on increasing our lineup of sake every year.

Strong points of our company

・Vintage

It’s been known since long ago that Japanese sake preserves well, and retains the taste and sweetness of the rice from which it is made. As a way to have our customers experience the fresh charm of our sake, as well as the change in taste as a result of its maturation, we decided to keep a designated amount of the sake, to be enjoyed in the future.
Japanese sake has a variety of flavors. We are working hard for our customers to have them enjoy their favorite sake for many years to come.

・House Style

At Warehouse Japan, we don’t ask the brew master to make the sake that will sell the most, we ask him to make the sake that he wants to make, sake that should be preserved, sake that has and should continue to be made for centuries.
We want to pay tribute to the long tradition of making sake, as well as connect that tradition with the future.

・Terroir

Terroir is the set of environmental factors that affect things such as the making of wine, tea, etc.
The breweries use rice which is grown close to the brewery, and use water which runs close to the brewery for the brewing process. Thus it is safe to say that the taste of the sake would be different depending on the region where it was made.
The prefecture number designated on the label is done so in order to relay this concept of Terroir to the customer.

2017 English Leaflet  (pdf:555KB)
2017 French Leaflet (pdf:854KB)
2017 Jpanese/English Catalog (pdf:3.4MB)

会社概要
Company Profile

称 号
株式会社 ウェアハウス・ジャパン
事業所
107-0062
港区南青山3-5-2 南青山第一韮澤ビル 2F
資本金
500万円
設 立
2016年5月
代表者
白石幸哉

2017年リーフレット 日本語 (pdf)
2017 English Leaflet  (pdf:555KB)
2017 French Leaflet (pdf:854KB)
2017 Jpanese/English Catalog (pdf:3.4MB)

ページの一番上へ